twitter rss
herokuとhugoでブログを作る
May 5, 2017
One minute read

何かを発信できる場所を一つにまとめたいと思い、ブログを作ってみました。

ページの作成にはHUGOを使い、それをHEROKUに乗せるまでの手順をまとめます。

1. hugoでブログを作る

hugoのInstall

$ go get github.com/kardianos/govendor
$ govendor get github.com/spf13/hugo

$ cd $GOPATH/src/github.com/spf13/hugo
$ make install

ブログの新規作成

$ cd ~/workpace
$ hugo new site keitaj-blog

Themeの設定

Themeはここから好きなもの選んでください。 https://themes.gohugo.io/

今回はcocoaを使いました。

$ cd ~/workpace/keitaj-blog
$ git clone https://github.com/nishanths/cocoa-hugo-theme.git themes/cocoa

themeをgit cloneした後、一旦、themes/cocoa/exampleSiteの中にあるcontent, static, config.tomlを、 それぞれプロジェクト内にあるcontent, static, config.tomlにコピペする。

localhostで動作確認

$ hugo serverで動作確認できますが、ここは一旦cocoaのやり方に合わせます

ページの生成と起動

$ hugo -t cocoa -w serve

起動後、http://localhost:1313 を開く

2. herokuに乗せる

あらかじめherokuにアカウントとAppを作って、herokuのCLIをインストールしておく

Buildpacksの設定

heroku-buildpack-hugoを使う

$ heroku buildpacks:set BUILDPACK_URL="https://github.com/roperzh/heroku-buildpack-hugo.git"

herokuにpush

$ cd ~/workpace/keitaj-blog
$ git init
$ git add . -A
$ git commit -m 'init'
$ git push heroku master

herokuアプリのURLにアクセスしてデプロイできているか動作確認。 動作確認できたら、さっき一旦コピペしたプロジェクト内のcontent, static, config.tomlを整理。

3. 記事をPOSTする手順

ファイル作成

$ hugo new blog/20170505-index.md
+++
date = "2017-05-05T19:55:30+09:00"
draft = false
title = "タイトルを書く"

+++

内容を書く

Generate

$ hugo -t cocoa

Push & Deploy

$ git add . -A
$ git commit 'new post 20170505'
$ git push heroku master

簡単ですね。

追記(2017-06-23)

オンライン上のサービスに投稿する場合、ナレッジが手元(ローカル)に残らない場合があるので、 発信場所を一つにまとめるだけでなく、散乱しつつあるナレッジをバージョン管理して手元に残しておくためにも良い方法だと感じました。


Back to posts